トップ >まさや先生からのオクチアドバイスVol.4

まさや先生からのオクチアドバイスVol.4「歯の神経の治療について」歯の神経の治療(歯の根の治療、正式名称:根管治療)についてお話します。

歯の神経の治療とは、リーマーやファイルと呼ばれる先の細い針のような器具で細菌に感染してしまった歯質や神経を徹底的に除去し、消毒した後に滅菌した樹脂で詰めて歯の根の病気(根尖病変)を治療するものです。

虫歯が歯髄まで進行(う蝕進行図C3以上)した場合や、根の病気になってしまった場合には、 の歯の神経の治療が必要になります。
う蝕進行図
しかし、この歯の神経の治療は実はかなり難しい時間のかかる治療です。
なぜなら、根っこの中は直接見ることができず、形も人それぞれであり、歯の種類によってひとつの歯あたりの神経の数が異なります。(前歯:1本 小さい奥歯:2本 大きい奥歯:3~4本)完全に細菌を取り除くことが難しく、精度の高い治療には時間(回数)がいります。細菌を取り残した状態で詰め物を詰めたり、クラウン(差し歯・かぶせ物)をかぶせてしまうと、後々細菌が増殖してトラブルが出てきてしまうこともあるからです。

後からトラブルが出てきてしまった場合には、ほとんどのケースで前に治療した詰め物やクラウンなどは作り直さなければならず、最悪の場合は抜歯になってしまうこともあります。できるだけ再度のやり直し治療の可能性を低くするためには、時間がかかりますが精度の高い治療を確実に行う事が、重要となります。
根管治療のながれ 歯の神経の治療を受けられた経験のある方は、 「ずっと口あけっぱなし」「長い、何回も通う」「チクチクする」等、あまりイメージのいいものではないと思いますが、歯をしっかり治療して長く使っていくためには必要な治療ですので、お時間をいただければと思います。


■お口のアドバイス一覧

Vol.1 「もしかして、噛みあわせ悪い?」

Vol.2 「噛むって大切!!」

Vol.3 「フッ素塗布について」

Vol.4 「歯の神経の治療について」

Vol.5「虫歯治療で一番多く使用する、あの白いプラスチック って?」

Vol.6「今回は「キシリトール」ついてお話します。」

Vol.7「歯医者さんで行う歯磨き指導についてお話します。」

お問い合わせ・ご予約は「052-833-0200」メールのお問い合わせはこちらをクリック
まさや先生からのオクチアドバイス
携帯サイトのご案内
あなたの指定アドレスにURLをお送りします。
虎ノ門病院医師ネットワーク会員
虎ノ門病院医師ネットワーク会員