トップ >まさや先生からのオクチアドバイスVol.2

まさや先生からのオクチアドバイスVol.2「噛むって大切!!」ちょっと間があいてしまいましたが、お口のお話Vol.2です。 今回は「かんで食べること」についてお話します。

最近、毎日の診療で、歯並びの悪いお子さんを診る機会が増えています。豊食が進むにつれて柔らかい食べ物が好まれるようになり、大人、子供を問わずによくかまない人が増えてきています。幼少時から成長期にかけてしっかり「かむ」という事を行わないと、顎の成長促進を鈍らせ、「小さい顎」になりやすくなります。顎が小さくなると、歯がきれいなアーチ状に並ぶためのスペース確保ができなくなり歯並びが悪くなってしまいます。

 

そこで「かむこと」が重要になってきます、幼少の頃からしっかりかむことで顎の成長促進を促すことで、「小さい顎」になりにくくし、「歯並びが悪くなる」可能性を減らせます。「歯並びが悪くなる」可能性を減らせるという事は歯周病や虫歯のリスクを減らせるということにつながっていきます。

 

毎日行う「かむこと」が歯並びに影響を及ぼすお話をしました。逆に言うと「しっかりかむこと」を幼少期から行うと後々に良い方向に向かいやすくなるといえます。

小さいお子さんに「しっかりかんで!!」と言ってもなかなか伝わりません。そこでお母さんの出番です。

日々の生活の中でしっかり噛むメニューをお子さんに出してもらうことで、自然としっかりかむ動作が行われるようになります。

 

当クリニックでは「まさや歯科読本 かむって大切!」という小冊子を小さいお子様をお持ちのお母様を中心に無料配布しています。内容は(1)かむかむクッキングレシピ(2)噛みごたえのお話(3)アレルギーを持ったお子さんの食支援についてとなっています。興味をもたれた方はクリニックにて声をかけてください。実際載っているメニューを食べましたがなかなかおいしかったです。


■お口のアドバイス一覧

Vol.1 「もしかして、噛みあわせ悪い?」

Vol.2 「噛むって大切!!」

Vol.3 「フッ素塗布について」

Vol.4 「歯の神経の治療について」

Vol.5「虫歯治療で一番多く使用する、あの白いプラスチック って?」

Vol.6「今回は「キシリトール」ついてお話します。」

Vol.7「歯医者さんで行う歯磨き指導についてお話します。」

お問い合わせ・ご予約は「052-833-0200」メールのお問い合わせはこちらをクリック
まさや先生からのオクチアドバイス
携帯サイトのご案内
あなたの指定アドレスにURLをお送りします。
虎ノ門病院医師ネットワーク会員
虎ノ門病院医師ネットワーク会員